【A03】2020年度 発表論文

[A03-1: Taiho Kambe]
“Detailed analyses of the crucial functions of Zn transporter proteins in alkaline phosphatase activation”
Suzuki E, Ogawa N, Takeda T, Nishito Y, Tanaka Y, Fujiwara T, Matsunaga M, Ueda S, Kubo N, Tsuji T, Fukunaka A, Yamazaki T, Taylor KM, Ogra Y, and Kambe T
J. Biol. Chem., 2020, 295, 5669-5684
doi: 10.1074/jbc.RA120.012610
本研究は、小椋康光(B01-1 研究代表者)との領域内共同研究の成果です。
(ひとこと)早期分泌経路に局在するZNT5-ZNT6ヘテロダイマーとZNT7ホモダイマーは、ALPなどのエクト型亜鉛要求性酵素の活性化に重要な役割を果たす。本論文では、両ダイマーを欠損させた細胞では、実際にALPが亜鉛メタレーションされないことを示し、また、早期分泌経路に局在するZIP タンパク質はALPの活性化に直接関与しないことを明らかにした。さらに、ZNT6は、ZNT5が存在しないとゴルジ体(早期分泌経路)に局在することができないことを示し、ALPの活性化機構は後生動物間で高度に保存されていることなどを明らかにした。