領域内連携機器

利用を希望る方(領域内班員限定)は、班員専用ページ内にある「共同研究・連携のための測定解析対応表」もご覧ください。

用途装置名 担当
金属を分析する誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)定量分析高野(A01-3)、鈴木(A03-4)、小椋(B01-1)、武田(B01-4)、梅村(B01公募)
金属を分析する誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)化学形態分析(LC-ICP-MS)鈴木(A03-4)、小椋(B01-1)、梅村(B01公募)
金属を分析する誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)イメージング(LA-ICP-MS)小椋(B01-1)、梅村(B01公募)
金属を分析する誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)一粒子/一細胞分析小椋(B01-1)、梅村(B01-K)
金属を分析する誘導結合プラズマ発光分析装置 (ICP-AES)定量分析高野(A01-3)
金属を分析する粒子励起X線放出分析システム(PIXE)プロトンの微小ビームを試料に走査させ、元素イメージングや局所定量を行う装置。最小空間分解能は0.1 μm × 0.2 μm、最大スキャン領域は2 mm × 2 mm。定性・定量・イメージングが可能武田(B01-4)
金属を分析する走査型電子顕微鏡・EDS(エネルギー分散型X線分光器)定性・定量・イメージング鈴木(A03-4)
生体分子を分析するイオンモビリティ質量分析装置(IM-MS)ナノエレクトロスプレーイオン化を用いることで、ネイティブ状態のタンパク質複合体の質量および窒素ガスとの衝突断面積を求めることが可能な質量分析装置。5 μM程度の高純度のタンパク質複合体が10 μL程度あれば測定可能(純度が低い場合はより高濃度の試料が必要)。明石(B01-3)
生体分子を分析するナノフロー液体クロマトグラフィー接続型Q-TOF型質量分析装置(nano LC-Q-TOF-MS)異なるサンプル間で、網羅的にタンパク質の発現量を相対定量することができる。1サンプルあたり50 μg protein/1.5mLtube(濃度: 1 µg protein/µL程度)のタンパク試料を使用する。溶媒は要相談。ヒト細胞・組織を対象とした定量分析が行いやすい。内田(康)(B01公募)
生体分子を分析するマトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析計(MALDI-TOF MS)鈴木(A03-4)、梅村(B01公募)
生体分子を分析する600 MHz 核磁気共鳴装置 H/C/Nクライオプローブ付き

600 MHz 核磁気共鳴装置 H/C/Nクライオプローブ付き
Bruker社製Avance III HD 600MHz NMR装置(H/C/N三重共鳴cryoprobe (TCI)が付属しており、高感度の溶液NMR測定が可能。Bioreactorを用いたin-cell NMR測定にも対応可能)、および、Bruker社製Avance III 600MHz NMR装置(H/C/N(TXI)およびH/C/N/P(QXI)常温プローブが付属)伊藤(B01-2)
生体分子を分析するフーリエ変換型 赤外分光光度計タンパク質二次構造解析など古川(A02-1)、鈴木(A03-4)
生体分子を分析する多角度光散乱検出器(LC-MALS)絶対分子量の算出(タンパク質会合状態の解析など)古川(A02-1)
生体分子を分析するHPLC-蛍光検出システム定量丸山(A01-K)
生体分子を分析するイオンクロマトグラフィーシステム丸山(A01-K)
細胞などを観察する共焦点レーザー顕微鏡高野(A01-3)
細胞などを観察する走査型電子顕微鏡鈴木(A03-4)
細胞などを観察する電気生理学測定装置イオンチャネルの活性測定河合(A01公募)
その他計算機サーバ (Takeru MolQ Cluster: ナベインターナショナル社製)ノード(CPU: Intel 20-core Xeon Gold 6230 (2.1GHz) ×4, Memory: 128GB, Network: 1000Base-T)を5台保有渡邉(B01公募)
その他筑波大学スーパーコンピューター(Oakforest-PACS, Cygnus)Cygnus: 2.4PFLOPS スーパーコンピュータ。GPU: NVIDIA V100, FPGA: Intel Stratix10搭載 5000ノード計算時間
Oakforest-PACS: 25PFLOPLSスーパコンピュータ。(Knight Landing architechter) 50000ノード計算時間
渡邉(B01公募)
その他二価鉄イオン蛍光プローブ二価鉄に対して選択的に蛍光応答を示す化合物。蛍光イメージングやフローサイトメーターで二価鉄解析が可能。蛍光応答は不可逆性。平山(B01公募)
その他微細加工ツールその他(CNCフライス加工機、プラズマ照射表面処理装置など)3Dプリンターの他にフライス加工機やキャピラリープラーなどもあるので、簡単なパーツであれば試作できる。プラズマ照射表面処理装置は、低温のプラズマをガラス表面等に照射して親水加工する装置である。プラズマを数秒照射するだけで、表面の殺菌、有機物の除去が行え、濡れ性が非常によくなる。微小空間に溜まった空気なども簡単に追い出せる。梅村(B01公募)

PAGE TOP