A03-3

A03-3:「細胞内生命金属動態で理解する腎臓の生理機能制御」
藤代 瞳(徳島文理大学 薬学部)
Lab website

生命金属の体内貯蔵量の調節は、消化管からの吸収と排泄、および腎臓における排泄と再吸収によって制御されています。腎臓での排泄と再吸収に最も重要な部位が近位尿細管であり、管腔側と血管側で、また尿細管の部位によって、物質輸送の機能が異なります。生命金属のみならず、様々な生体物質の量の調節を行う腎臓の機能維持には輸送体が重要な役割を果たします。一方、腎臓は、有害金属や金属含有薬物の毒性・副作用の標的となることが多く、近位尿細管の機能不全は全身での物質動態に影響を及ぼします。本研究は、in vivoin vitroの両面から、近位尿細管における有害金属の輸送と毒性発現の機構、および、生命金属の輸送調節機構を明らかにすることを目的とします。そのため、in vitroでは培養細胞をtrans-wellで培養することで、血管側、および、管腔側からの取り込みや排泄を解析します。一方、in vivo元素イメージングなどを活用し、生命金属が腎臓の各部位にどのように分布するかについて、経時的、濃度依存的動態を明らかにし、有害金属の輸送と毒性発現との関係の解明、さらには、必須生命金属の動態とホメオスタシス調節機構の解明を目指します。

【関連する代表的論文】
*H. Fujishiro, S. Hamao, M. Isawa, and S. Himeno
“Segment-specific and direction-dependent transport of cadmium and manganese in immortalized S1, S2, and S3 cells derived from mouse kidney proximal tubules”
Journal of Toxicological Sciences, 2019 (in press)

*H. Fujishiro and S. Himeno
“New insights of the roles of ZIP8, a cadmium and manganese transporter, and its relation to human diseases”
Biological and Phamaceutical Bulletin, 2019, 42, 1070-1075
doi: 10.1248/bpb.b18-00637

H. Fujishiro, Y. Liu, B. Ahmadi, and *D. M. Templeton
“Protective effect of cadmium-induced autophagy in rat renal mesangial cells”
Archives of Toxicology, 2018, 92, 619-631
doi: 10.1007/s00204-017-2103-x

H. Fujishiro, Y. Yano, Y. Takada, M. Tanihara, and *S. Himeno
“Roles of ZIP8, ZIP14, and DMT1 in transport of cadmium and manganese in mouse kidney proximal tubule cells”
Metallomics, 2012, 4, 700-708
doi: 10.1039/c2mt20024d

H. Fujishiro, S. Okugaki, S. Yasumitsu, S. Enomoto, and S. Himeno
“Involvement of DNA hypermethylation in down-regulation of the zinc transporter ZIP8 in cadmium-resistant metallothionein-null cells”
Toxicol. Appl. Pharmacol. 2009, 241, 195-201
doi: 10.1016/j.taap.2009.08.015

PAGE TOP