本領域の第2期公募研究への応募を考えておられる皆様に

本領域では、生体内の金属(イオン、錯体)を研究対象とする様々な分野の研究者が集い、生体にとって必須あるいは有害な金属の機能を分子のレベルから細胞、個体のレベルまで統合的に理解するプラットフォームの構築をめざしています。このコンセプトに共鳴あるいは同調いただける研究者の皆様に、是非、応募していただきたいと考えています。このコンセプトを具現化するためには、ご自身の研究目標を設定・達成されることだけでなく、その研究を中心にして領域内他分野の研究者と連携を図っていくことも重要と思われます。第2期公募研究ではこのような連携研究のご提案を特に歓迎いたします。連携研究の成果は、本領域の今後の進展だけでなく、ご自身の研究にもフィードバックされそれが大きく展開されることと信じております。様々な研究分野からのご提案をお待ちしております。

文部科学省から公開されている研究概要を以下に掲載しますが、詳しくはこちらでご確認ください。

IBmS will solicit for “publicly offered research” starting from the next fiscal year (2022.4 – 2024.3). Please check below.

領域略称名: 生命金属科学
領域番号: 8103
設定期間: 令和元(2019)年度~令和5(2023)年度
領域代表者: 津本 浩平
所属機関: 東京大学大学院工学系研究科

鉄、銅、亜鉛をはじめとする幾つかの金属元素は、生体内において微量しか存在しないものの、エネルギー変換、物質変換、情報変換など重要な生命現象に関わっている。あらゆる生物の生命を維持していく上で必須の金属や半金属元素を「生命金属」と定義すると、生命金属の吸収、輸送、運搬、感知、活用といった生体内動態は厳密に制御されており、その破綻は疾病の原因となる。一方、生命にとって有害な金属元素も多数存在し、それらは生命金属の生体内動態を撹(かく)乱することで毒性を発現している。本研究領域研究は、生命金属に関連する従来の研究分野を統合した「生命金属科学」分野を確立し、生命金属の生体内動態を、分子から細胞・個体レベルまで一気通貫的に明らかにすることを目的としている。これにより、生命がその進化の過程で獲得してきた、生命活動に金属を有効に活用する戦略、すなわち「生命における金属元素戦略」の解明に迫る。

研究項目A01では、生命金属の生体内動態に関わる様々なタンパク質に関して、実際の機能場である細胞内での構造・相互作用・機能を研究することにより、細胞の恒常性維持に果たす生命金属の役割を明らかにする。研究項目A02では、幾つかの疾病に見られる生命金属の生体内動態の破綻について、そのメカニズムを解明し、生命金属の病理学的役割を明らかにする。研究項目A03では、ヒトはもとより、様々な動植物に対する有害金属の毒性発現の作用機序を、生命金属の生体内動態との関連で明らかにする。研究項目B01では、A01〜A03の計画研究との密接な連携により、生命金属科学研究に最適化した測定解析法の開発により領域内研究課題の解決に挑む。公募研究の採択に当たっては、医科学、計算科学をはじめとした様々な研究分野から、領域内での積極的な異分野連携を通じて解決に取り組むことで「生命金属科学」分野の確立・発展に寄与するチャレンジングな課題を歓迎する。

なお、いずれの研究項目(A01, 02, 03, B01)も応募上限額は単年度あたり300万円です。また、公募研究の採択目安件数は、全ての研究項目を合わせて20件となっています。

Several trace metal elements including iron, zinc, and copper play important roles in physiological functions such as energy conversion, material conversion and signal transduction. We call such metal and metalloid elements required to sustain life of all living organisms as “Biometal”. Dynamics of Biometals in vivo such as their uptake, transport, sensing and utilization are strictly regulated, and its failure causes diseases. Some other metal elements are toxic, and their toxicity is emerged by perturbation of the dynamics of Biometal in vivo. In this project, our goal is to unravel the dynamics of Biometal in vivo comprehensively through all levels of biological organization and to establish a novel research field of “Integrated Biometal Science”, in which the present research fields related to Biometal could be integrated. We will elucidate the strategy of living organisms, which was acquired during their evolution, to utilize effectively metal and metalloid elements for life and growth. Thus, “Biological Metal Element Strategy” will be established in this project.

In the research group A01, the functional roles of Biometal to maintain cellar homeostasis will be elucidated by studying the structure, interaction and function of proteins responsible for dynamics of Biometal in vivo. In the research group A02, the mechanisms of in vivo Biometal dynamics will be elucidated to develop its control method. In the research group A03, the mechanisms of development of toxicity of toxic metals will be elucidated in connection with in vivo Biometal dynamics. In the research group B01, measurement and analysis methods for Biometal research will be highly upgraded through collaboration with the project members in A01 ~ A03. We welcome challenging research proposals to contribute for the establishment and development of “Biometal Science” from researchers in various research areas including medical science, drug design, public health, computational science, and materials science in addition to the usual research fields relevant to Biometal.

In all of the four research groups (A01, 02, 03, B01), upper limit of annual budget in a research project is three million yen. Also, twenty research projects are scheduled to be selected as a whole IBmS project.

PAGE TOP